Lyrics

祈る
長崎
あなたへ〜TheWaterIsWide〜
アオの奇跡
心な瞳
時間
端島 〜軍艦島に捧ぐ〜
少しでも貴方に逢いたかった
重たい銃
ばくだんは いらない

祈る
詩/曲 果里
未来は全て あなたが描く 心の中次第
不安なんか 掻き消して自分をまず 愛そう

自分ばかり責めないで 誰が悪いんじゃない
どんなに涙流れても あなたの心は 弱くないから
只 ひとつだけ聞いて 泣いてばかりいたら
あなたを待つ 新たな扉も 開きたくても 開かないから

未来は全て あなたが描く 心の中次第
不安なんか 掻き消して 自分をまず 愛そう
柔らかなこと 感謝すること 胸に感じたならば
願い事は 叶うから 瞳を閉じて
祈る


彼と出逢えたことで 彼と別れた事で
逃げていた自分の心に 向き合えたよね ひとつのチャンス
あなたの中に生きてる よどみのない微笑みを
世界中に分け与えるだけで 周りからほら 動き始める

未来は全て あなたが描く 心の中次第
涙なんか忘れるくらい 空見上げて 信じていこう
安らぐ様に変わらぬ様に :想い:を胸に抱いて
願い事は叶うから 瞳を閉じて

秋も 冬も 流れる過去も みんな 愛せますように

未来は全て あなたが描く 心の中次第
不安なんか 掻き消して 自分をまず愛そう
柔らかな事感謝する事 胸に感じたならば
願い事は 叶うはず 瞳を閉じて
祈る  祈る  祈る・・・
目次へ


長崎
詩/曲 果里
1 この坂 上れば 見える 華やぐ街
いつでも 包むは 愛する この長崎

海の先に見える 険しくも 母なる山々
どんな時も ただ黙って 迎えてくれるよね
時の流れさえも 緩やかに流れる気がするのは
街の人と その灯りが 優しく 語ってるから

ひとりひとりの大切な ひとつひとつの宝物がある
全ての人の 「ありがとう」 が、
この街に又ひとつ 灯りをともす

この夢 昇れば 聞こえる 想いの鐘
忘れた日はない 愛する ここの人々

2 時間もあることだし、 一つ前の電停で降りてみた
子供の頃 寄り道した 空気に似てる気がするよ

ひとりひとりの足音が ひとつひとつ街に刻まれる
全ての人の ぬくもりが 新しい 足跡を又残してゆく

今日の日を 今の時間を 感謝する祈りが
明日の日も 輝かせるから

この坂 上れば 見える 華やぐ街
いつでも 包むは 愛する この長崎

この夢 昇れば 聞こえる 想いの鐘
忘れた日はない 愛する ここの人々

この坂 上れば・・・
この夢 昇れば・・・
目次へ


あなたへ −The Water Is Wide−
詩 果里
曲 Traditional
あなたの 痛みを 私に ください
いつでも 安らぎを 感じて いられるように

あなたの 過ちを 私に ください
闇打つ 夜にも 見上げて いられるように

私の 涙で あの河を 止めましょう
あなたが 迷わずに 歩いて 行けるように

私の 涙を 私に ください
明日の日も あなたが 笑って いられるように

笑って いられるように

目次へ


アオの奇跡
詩/曲 果里
嬉しくて 愛を知った  悲しくて 愛を知った
躓いて 傷ついた時 優しさも覚えた
どこかで見覚えのある 嘘のない その瞳に
逢いたくて、 又 逢いたくて、
この時代(トキ)に 生まれたの

言葉ではなく 形でもなく 何も 言わなくても奏でたい
今を感じよう あるがままに 奇跡は起こる 誰の想いにも
忘れたくない 忘れられない 身体に残る遠い記憶を
何千年の月日を巡り 又出逢えた アオの・・・


 目が覚めたら 朝は来る 悲しくても朝は来る
代わり映えのない一日も 本当はしあわせ 
歩き出し、ほっとしてる 歩き出し、不安になる
それぞれの 足跡で 又明日が始まる

どこにいようと 変わって行こうと 胸に誓った事刻んでいたい
広い宇宙に 手を伸ばせた時 奇跡を起こす 何かが溢れ出す
そのままでいい そのままがいい あなたは 一人しかいないのだから
両手も動く 涙も流せる 忘れないで  アオの・・・

触れる程 優しく  折れる程 強く 生きる

言葉ではなく 形でもなく 何も 言わなくても奏でたい
今を感じよう あるがままに 奇跡は起こる 誰の想いにも
忘れたくない 忘れられない 身体に残る遠い記憶を
何千年の月日を巡り 又出逢えた アオの奇跡
目次へ


心な瞳
詩/曲 果里
一番 悲しい事にも 「ありがとう」って思えたなら
これからの 歩む道は ずっと 見上げて行ける

昔の 過ちを 涙で補おうとしないで
それは 「気がついて」と教えてくれてる 合図だから
幸せ感じられるときは誰でも 優しくなれる
胸が 痛むときこそ 優しい私で ありたい

目に見えるものばかりが 真実じゃない
瞳閉じてても 心で感じれる あなたの笑顔が見える

嬉しい日も 淋しい時にも 感謝する事忘れないで
いつの日か 気がつけば ほらね 見上げているよ


扉の向こうから 誰かが求める事待つより
ひとつ 手を伸ばして 新たな光を受け止めよう
鏡の中の私が 今日の日の私を映し出す
ここにある姿が 明日も未来も 創って行く

幼い日 大好きだった クレパスを手にして
今からでもいいよ 好きな色選んで
あなたの中で描ける

嬉しい日も 淋しい時にも 感謝すること忘れないで
いつの日か気がつけば ほらね 見上げて・・・

一番悲しい事にも 「ありがとう」って思えたなら
これからの歩む道は ずっと 見上げて行ける
目次へ


時間
詩/曲 果里
どうか どうか 叶うならば  時を 時を 戻してください
あの日の様に 当たり前の 笑顔で迎えてください

風がふいに吹いた時、 同じにおい感じた
わかった事と言えば 今ならわかる 貴方の気持ち

青く  青く  染まる  空に
今も 今も この手は 届かない

どうか どうか 夢だけでも  ずっと ずっと 愛してください
あの日の様に この胸の中  貴方を抱きしめて 眠りたい


昔 約束した場所に 足を運んでみた
十年後の話をしながら、 手をつないで 歩いたこの道

私   涙   落ちる  事も
貴方  今は  ひとつも  気にしない


どうか どうか 叶うならば  時を 時を 戻してください
あの日の様に 当たり前の 笑顔で迎えてください

どうか どうか 夢だけでも  ずっと ずっと 愛してください
あの日の様に この胸の中  貴方を抱きしめて 眠りたい

 どうか・・・

 どうか・・・
目次へ


端島 〜軍艦島に捧ぐ〜
詩/曲 果里
響く 風の鼓動  残る大地に叫べ
届け この想いよ 忘れることない 
端島よ

誇る足跡は 生きて 生きた証
汗にまみれながら この地に身を委ねた

夢乗せた炭坑の船は それぞれの想いも乗せて
今もなお 走り続ける 凛とした姿で
胸の中を 生きる

響く 空の鼓動  残る大地を包め
届け この心よ 忘れることない
端島よ


誇る功労が 今を 今を創る
花、咲かす 根となり 時代を支えてきた

「いつか又帰ってくるよ」と 泪のむ人々もいた
あの日から時は止まっても 悲しくも 優しく
瞼の奥に 生きる

この島で笑い この島で泣いた
この島を愛し この島を唄う

響く 風の鼓動  残る大地に叫べ
届け この想いよ 忘れることない

響く 空の鼓動  残る大地を包め
届け この心よ 忘れることない 端島よ
忘れることない 端島よ
忘れることない 端島よ
目次へ


少しでも貴方に逢いたかった
詩/曲 果里
僕が 逝き急いだことを 君は
今も 心は 泪を流しているね
お揃いで 見つけた 手作りの安い指輪も
ひとつは指に ひとつは胸に
今でも 身につけているね
 
ライブの度気付かれぬよう 一番隅で聴いてた
始めたばかりの君の歌が ちょっと下手で 笑った
 
少しでも貴方に逢いたかった
もう一度そのウタが聴きたかった
この手でその手に触れられるなら
もう一度だけでいい
抱きしめたい
 
あれからどれくらい 巡り巡ったの?
  私も今年で 40になったよ
  初めてkissした 彼の部屋のドアの色も
  手を繋いで話した 最後になった日 忘れない
  
「息子の手紙が出てきた」と、彼の母親からの電話
  少し右によれる文字が..懐かしくて 懐かしくて
 
  「少しでも貴方に逢いたかった
   もう一度そのウタが聴きたかった
   でも僕の事は どうか忘れて」
   力の抜けた線が かすんで見えない
 
 少しでも貴方に 逢いたかった
もう一度そのウタが聴きたかった
この手でその手に触れられるなら
もう一度だけでいい 
抱きしめたい
目次へ


重たい銃
詩/曲 果里
今ここに僕らが生きていけるのは
決して自分の力だけでなく
持ちたくもない銃を背負いながら
戦った 人達がいるから

何十年前の事だと人は
おとぎ話の様に 話すけど
そんな昔の話なんかじゃない
昨日の事と おんなじだよ

人を殺すゲームがバカ売れして、
世界が破滅するような映画がはやって
誰かがその事で うるおうのならば
それは誰なのか 問いかけたい

学校で聞かされた原爆の話
火傷で剥がれた人々の写真
正直 子供の頃 怖かったけど
残さなきゃいけない過去がある

忘れないで 今ここに
何故 僕らが 幸せに 暮らせている事を
忘れないで 持ちたくもない
重たい銃を 背負い 戦った人達を

山を越えて 海を越えて 前に進んだ

国の為に 未来の為に 天に 上った
目次へ


ばくだんは いらない
詩/曲 果里
大人っていつも  ふしぎな事を言うよ
友達と仲良くよくしなきゃって 怒るくせに
大きなバクダン なぜ守る人がいるの?
バクハツしちゃったら みんないなくなるのに

空、    海、    風、
ぼくらは生きているよ
夢、    あい、   愛、
未来を消さないで

ぼくらも大人になっていきたい
ぼくらの子どもも生まれるように
ぼくらの言葉もどうか、受け止めてよ
ばくだんは いらない 


夏休みの真ん中 8月9日は
学校は登校日 平和のうたを 歌う
原爆の写真も すごく怖かったけど
6年生のぼくは 忘れちゃいけないんだよね

空、    海、    風、
ぼくらはここにいるよ
夢、    あい、     愛、
いつも思い出すよ

みんなと握手ができますように
世界がひとつになれますように
ちっちゃい地球に愛されるように
ばくだんは いらない

ぼくらも大人になっていきたい
ぼくらの子どもも生まれるように

ぼくらの言葉もどうか、受け止めてよ
ばくだんは いらない
目次へ

Home2.gif 75x41 3KB